お腹 痩せにくい

お腹回りのダイエットに腹筋マシンが効果的な理由!

皮下脂肪と内臓脂肪。どちらが落ちやすい?

お腹回りは特にダイエットが難しい場所のひとつです。

 

女性の場合は皮下脂肪が、男性の場合は内臓脂肪がたまりやすいと言われます。
皮下脂肪は皮膚のすぐ下、筋肉の外側に付く脂肪です。一方、内臓脂肪は腹筋の内側、腹腔内の内臓の隙間に付きます。

 

皮下脂肪・内臓脂肪ともに、それを減らすためには生活習慣の改善が必要ですが、内臓脂肪が比較的落としやすいのに対して、皮下脂肪はなかなか落としにくい脂肪です。

 

それは内臓脂肪が減ってから皮下脂肪が減っていくという減り方の順序によるものですが、人間のカラダって不思議ですよね。

脂肪が先?筋肉が先?

では、なぜお腹周りの脂肪は減ったと実感しにくいのでしょうか?
それは、食事制限のしすぎによって筋肉が先に落ちてしまっているからかも知れません。

 

「消費カロリー」 > 「摂取カロリー」  ※摂取するカロリーよりも消費するカロリーの方が多い状態

 

の関係が保たれていれば、体重は減り、脂肪も減るはずです。太り続けているとすれば、この関係が崩れれているということです。

 

しかし、摂取カロリーを十分落としていても、脂肪や脂質を優先的に摂取して、その上、運動はしていないとなると、筋肉が先に落ちてしまう危険性が高くなります。

 

そうすると、体重は減ったのにお腹はやせない、シルエットは細くなってもなぜかお腹がふくらんでいるという「印象」が強くなってしまいます。

 

つまり、カラダ全体としては痩せているのにお腹回りが痩せていないと「思い込んでしまう」ことも要因の一つではないでしょうか。

ダイエット中であっても筋肉を増やさなきゃダメ!

お腹回りが痩せるために効果的なダイエットをするには、

  • 有酸素運動を取り入れつつ
  • 摂取カロリーを制限し
  • 基礎代謝をあげた状態で
  • 筋肉にも負荷をかけて維持すること

が大切だということですね。

 

ダイエット関係の情報を見ていると「基礎代謝」という言葉がよく出てきますが、これは運動しないときでも消費されるエネルギー量のことです。

 

基礎代謝は年齢と共に減少しますし、筋肉の衰えと心肺機能の低下によっても低下します。だからこそダイエット中であっても筋肉を増やすことで脂肪が減りやすい状況を作りだす事が必要ですね。

PAGE TOP