無理 過激 ダイエット

お腹回りのダイエットに腹筋マシンが効果的な理由!

肋骨まで抜いて激痩せ?

女性週刊誌を見ていると「○○さん激ヤセ!」なんていう見出しがおどっていることがあります。写真をみると確かに痩せてるけど、怖いくらい痩せていたりする...

 

中には肋骨を抜いて細身にしたなんて過激なダイエットの噂も聞こえてきたり・・・。何事も「過ぎたるはなお、およばざるがごとし」です。やり過ぎは禁物です。

 

第一、長期間かけて増加した体重を数週間や2~3ヶ月で元に戻すというのは不自然な行為と言えないでしょうか。「骨まで抜いた」という噂を聞いたときは驚きました。本当かどうかは知りませんが、もし本当だったらやり過ぎですよね...

食べないのは最悪

減量を試みるときに一番簡単なのは「食べないこと」です。当たり前のことなのですが、食べなければお腹にたまっていたものは数日間で身体の外に出て行きますから2~3キロの減量はすぐに実感できます。でもこれは本当に体重が減ったのではなくて、お腹の中のものが外に出て行っただけなのです。

 

もちろんこのときの減量の勢いを維持して、その後はカロリーを減らした食事にスライドしていけば良いのですが、飢える苦しみというのは非常につらいもの。

 

私は一番辛い死に方はゆっくりとした飢え死にではないかと思っているのですが、飢餓状況は身体も良くわかっていて、そういう時に食べるご飯は普通より吸収が良くなるそうです。

飢餓状態は栄養の吸収力がハンパない

そもそも「飽食の時代」と言われるようになったのは地球に生命が誕生してから数億年の歴史の中でもほんの最近の数十年のことです。

 

生き物の身体はもともと飢餓状態に設定されていて、栄養の吸収と蓄積は非常に良いのです。そんなところにさらに飢餓状態を自ら引き起こしたら・・・もっと吸収と蓄積が加速するそうです。

 

ですから、絶食に近い状態を続けて、突然元通り食べ始めると、前よりも栄養の吸収力が良くなってしまい体重が増加するという、いわゆる「リバウンド」という状態を引き起こしてしまいます。そうすると結局もとのもくあみどころか前より太っていたなんて事になりかねません。

 

ダイエットに大切なのは、目標と焦りすぎない計画。そしてなにより一番大事なのは皆さんの健康です。

お腹は脂肪がつきやすいから引き締めにくい

ぽっこりふくらんだお腹、気になりますね。ダイエットを考える第一の理由が、ぽっこりお腹を引き締めたいという方も多いことでしょう。

 

なぜ、お腹の周りに優先的に脂肪がたまってしまうのでしょうか?

 

それはそもそも、人間(だけではなく動物全般)は脂肪を貯め込みやすいようにからだができていて、そしてお腹周りに蓄えるのが一番安全だからという理由によります。

 

生命が地球に誕生してから数億年、その歴史は常に飢餓との闘いであったということが言えます。食べ物にありつけても、次にありつけるのはいつのことになるかわからない。だから、常に体内にエネルギーを貯め込めるように準備しなければなりませんでした。

 

反対に、エネルギーを貯め込めない種は絶滅していった事でしょう。そうした進化と選択を繰り返して、人類だけでなく今地球上に存在している動物は生き延びてきました。

タメ込んだ脂肪はどこに置いておく?

では、飢餓に備えてため込んだ脂肪は、カラダのどこに置いておくのが人間にとって一番都合が良いのでしょうか?

 

あっさり簡単に言ってしまうと、カラダの重心である“おヘソ”の周りに置いておくことです。

 

私たち人間も元々は野生動物です。狩りをしたり、反対に肉食獣から逃げるためには運動能力が不可欠です。手足がやたらと重いと運動のバランスが悪くなります。同じ理由で頭を重くしても運動には不利です。ただでさえ人間は頭が重い生き物なのですから。

 

結局、カラダの重心であるお腹の周りに脂肪を置いておけば比較的運動の障害になりにくいということだそうです。これは食事には困らない、犬や猫と言ったペットや、動物園にいる他の動物たちを見ても同じ事が言えるでしょう。

 

こうした理由で、そもそも太りやすい状況にある我々人類がふんだんに食事を取ってカロリー過剰になったらどうなるか?まずはお腹周りから太ってくると言うわけですね。

下剤で減量するボクサー

ボクシングを題材にした映画を見ていたら、減量に悩むボクサーが下剤を使って試合前日に強引に減量する手口が出ていて驚いたことがあります。もちろんそんなことをしたら体力が弱るので、そのボクサーは負けてしまったわけですけど(笑)

 

そういう強引な手口とは違って、ダイエットサプリメントを使ってお腹を引き締めるというのは結構人気で、通販サイトでも結構な数が販売されていますし、夜の通販番組でもお腹を引き締めるダイエットサプリメントが結構紹介されています。

 

飲むだけでお腹が引き締まる薬があるとすれば、それはかなり危険な薬だと思いますが、世の中にあるダイエットサプリメントの働きを見てみると次のような性質をそれぞれ複数持っているようです。

  • 満腹感を促すような成分を含有している
  • 基礎代謝を上げる成分を含有している
  • ダイエット中に失われがちなビタミンなどの栄養分を補う
  • 消化を阻害するような物質を含んでいる
  • かさを増して満腹感を促す

ダイエットサプリメントまかせもダメ!

数あるダイエットサプリメントをいろいろと吟味していると、健康食品の範疇で販売されているサプリメントや通販サイトでは効果を実感する口コミが多数上げられているものなどもあります。

 

ただ、医薬品ではない健康食品の場合はあくまで「個人の感想です」として紹介されているものなので、サプリメントの中身をよく見たり、実際に身近に既に使っている人がいれば意見を聞いたりするのも一つの方法です。

 

繰り返しになりますが、飲んだだけで短期間に本当にゲッソリするぐらいお腹が引き締められたりするサプリメントが実在していたら、ちょっと用心してかかった方が良いでしょう。

 

からだの中に吸収されるモノですから、十分な吟味をして間違いなく選びたいですね。しかし、ダイエットサプリメントを飲んでいるからといってサプリメンまかせにしていては一向に痩せない方も多いようです。

 

やはり、日頃からの食事カロリー制限や生活習慣の改善によって、摂取カロリーを適正な量にコントロールするとともに、適度な運動で筋肉量を増やし基礎代謝や消費エネルギーを増やすことがダイエットの成功に導いてくれるようです。

 

サプリメントより腹筋マシンが即効ダイエット

 

PAGE TOP