レコーディングダイエット 効果

お腹回りのダイエットに腹筋マシンが効果的な理由!

レコーディングダイエットとは

どんな方法のダイエットをするにしても、必ずやることととして私がオススメするのは「レコーディングダイエット」です。毎日の体重、摂取カロリー、運動量を記録するわけです。

 

もちろん、記録するだけでは痩せるわけがありません。カロリー制限や運動を行いながら、その記録を取るのです。

 

成果が出ても、裏目に出ても、グラフには正直に結果が現れます。
一か月、二か月と続けて行くにつれて、成果がでれば励みになります。成果が出なければ、やりかたを見直して下さい。

  • 設定した一日のカロリー制限量は多すぎないでしょうか?
  • 実は記録していない間食はないでしょうか?
  • 「今日だけは特別」と思って特別な日ばかりできていないでしょうか?

一日くらいカロリーオーバーしても気にしない

実のところ、ダイエットがうまくいっていれば一日くらいカロリーオーバーしたからと言って、急に太ったりはしません。一日くらい絶食してもそんなに体重が減らないのと同じ事です。

 

本当は食事の栄養素までレコーディングして分析すれば良いのかも知れませんが、それをやると結構面倒くさくなってきますよね。「面倒くさい」という気持ちは、継続の妨げです。作業はできるだけ単純化した方が容易に継続できます。これはダイエットに限らず他の仕事にも言えることなので、ご参考になればと思います。

 

履歴を見て励みにする、時々立ち止まって成果を確認する、成果が出ない場合はやりかたを見直す。面白くない作業を少しでも面白くする工夫をすれば、ちょっとだけ気分が良くなります。長期レンジでがんばりましょう!

レコーディングダイエットは軽い気持ちで続けると上手くいく

レコーディングダイエットに関しては様々な書籍やサイトで説明されていますが、あまり真剣に捉えずに上記のような軽い気持ちで実施した方が私の経験上うまく行きます。

 

そうは言っても女子会や忘年会・新年会が続いた時には「まあ、今日は宴会だからカロリーオーバーも仕方ないよね」と自分に言い訳していたことがありました。でも、最近では最初の数口だけ食べたら残りは他の人に食べてもらうようにしています。これ結構いいですよ♪

 

実はコレってダイエットに成功した方の経験談で紹介されていた方法なのです。確かに食べ物って最初の数口がおいしくて、後は惰性で食べてるときが多いですから、この方法は理にかなっているかも知れません。

 

がんばって摂取カロリー我慢記録を更新しましょう。

PAGE TOP